2009年 09月 24日

丸柱での最後の稲刈り そして冬支度

 今年は天候不順による日照不足ではありましたが、大きな台風も通り過ぎることも無く、丸柱集落では、先週から次から次へと稲刈りが行われています。 この田圃はお隣の森下さん所有であり、無農薬30年の豊かな土壌です。 森下さんは、有機農法を徹底されており、草,米ヌカ,蟹ガラ,糖蜜そしてEM菌を混入しています。 今年も悪い悪いと言いながらも、例年並みの収穫とのことでした。
 私は、このお米を分けて戴き、3年前から食しています。 体に良いお米である事は当然なのですが、今までの東京での食生活が良くありませんから、体内浄化がまだまだです。
 自然豊かな空気,食,水を繰り返して行けば少しは良くなるかな?と、思っています。

f0201562_103093.jpg
  

 近代農法は、機械化と除草剤,殺虫剤,化学肥料主体の農薬等により営まれていますが、機械も農薬も非常に高く、結果として、収益が上がらない構造になっています。 農家への個別保障等により、少しずつ改革されれば良いのですが・・・。  新政権に期待しましょう!

f0201562_10145745.jpg


 これは、「木端」と言います。 いわゆる材木を製材する時に出る端材です。 今までは銭湯等で利用されていましたが、煙害により全く利用されなくなり、産業廃棄物として有償で処理されます。 
 今年10月に焼成する「穴窯」に利用すべく、窯場まで運んで来ました。 これを、チェーンソーで定寸に切断して薪作りをしています。 杉,檜の灰はケイ酸分が多く、良い燃料ではないのですが、1000℃位までは充分使えますので、「あぶり」という過程で使用します。  軽トラック2台分ですが、80束位作って松割り木の補助材として使います。
 来月は、窯詰め作業も含め忙しい日々が続きます。

 
by goshinan | 2009-09-24 10:42 | 季節の移ろい