人気ブログランキング |

2009年 10月 31日

苦労した割にはまずまずの出来ばえでした!

 明日の窯出しに向けて、本日、まだ窯内が熱いので、煙突のダンパーを全開し、また火口を少し開けて見ました。 暗い窯内は肉眼では全然見えないので、デジカメを隙間から差し込んで撮影しましたら、窯内の状況が見えて来ました。 あれだけ温度上昇に苦労した今回の窯焚きでしたが、火前はまずまずの出来栄えでした。

 
f0201562_18191774.jpg


 この大つぼは、火前の側面に入れましたが、たっぷり灰がかかり、灰かぶりも出て、立派な景色が現れました。 奥の大きな板皿はどうも割れているようで、大つぼに触れていなければ良いのですが・・・・。
 でも、窯内での突然変異を狙っていますので、アクシデントはやむを得ません。 くっ付いていれば、そおっと出して、引きはがします。 窯傷も一つの景色になりますからね。

 
f0201562_18274053.jpg


 もう一方の側面に入れた大つぼも、これまたたっぷり灰が乗り素晴らしい出来栄えです。
 この作品は、大阪の陶芸教室の方が作りましたが、穴窯では、全く予想もしない結果が出て来ますので、この魅力ににせられますと、もう釉薬を付す電気窯やガス窯での焼成に飽き足らなくなります。 費用と労力をかけて、6日間もの膨大な薪による炎に洗礼された作品は、作者の想像をはるかに超えた創造を可能にしてくれます。 これから、追々今回の焼成の一端をお目にかけて行きます。
by goshinan | 2009-10-31 18:44 | 穴窯(薪窯)の焼成