2009年 12月 04日

ギャラリーをほんの少し模様替え!!

 本日は、午前中、山に入って薪ストーブ用と穴窯用の薪を伐採しました。 ほんの一時間半ほどの作業です。 決して無理をせず、これから、少しづつ作業を続けていきます。
 山に入ると、森林浴を浴びるのか、とっても気持ちが和やかになります。
 この山の頂上には、愛宕神社(火の神様です)があり、昔は、相撲大会や出店も出るなど、縁日には賑わいもあったように聞いていますが、最近は訪れる人も無くヒッソリとしています。 
 でも、在所では、大事な大事な氏神様です。 
 過日の台風で、倒木が参道を塞いでしまって、当番組皆で伐採しようということになりましたが、参道付近一帯は当家の所有林の為、一昨日、私がチェーンソーを持って全て伐採して来ました(そういう訳で出合いは中止になりましたが)。 山に入って、枯葉を踏みしめる音が、何とも心地よい響きを奏でてくれます。
来年2月までは、山仕事が続きます(3月に入ると木々の根っ子から水が上がり始め、腐りやすくなる為です)。
 
 
f0201562_14332396.jpg


 語心庵ギャラリーを、少し模様替えしてみました。 皆さん解りますか? そうです。 木枠を壁面に取り付けて、湯のみとぐいのみを置いて見ました。 この木枠は私が作りました。 ギャラリーのアクセントになっていると思っているのですが、皆さん如何でしょうか?

 
f0201562_14385087.jpg


 ついでに、玄関にも木枠を取り付けて、お茶碗を置いて見ました。真ん中はブロンズ像で『希み』との題がついています。 今年一番の展示物であった興福寺の阿修羅にも似た雰囲気を持っており、私はとっても気に入っている作品です。 興福寺の阿修羅は良いですね。 いかにも人間的で・・・・。 あれで仏様?
 人間として、可能な限り、この世の全ての物事に、『希み』を持って、接して行きたいと常々考えています。
 豊かな自然も、人が創造した文化財・史跡も、我々自身が維持継承することこそが、重要な責務です。 古いものには、全てそれなりの重みが備わっています。
 大事にしなくっちゃ!
by goshinan | 2009-12-04 15:11 | 日々の作陶