2010年 01月 24日

寒い日は薪ストーブで一日中・・・・・

 寒い日は、外での作業が億劫になります。  一度外に出れば、雪が降っていても3~4時間は平気で作業ができるのですが、外に出ること自体にやっぱり勇気がいります。 
 薪作りもさることながら、国道沿いの竹林を切って置かないと、積雪時には三重県の道路事務所から竹が道路を塞いでいると必ず苦情が来ます。  竹は空洞ですから、切ること自体比較的楽なのですが、枝が生い茂って、処分(短く切って燃やすこと)することが結構大変なのです。 また、手抜きして、割らないで燃やすとパーンと爆発音も出ますし・・・なかなか厄介な代物でです。
 田舎暮らしは夏場は草刈り,冬場は余分な木々の処分と、敷地,所有地の維持管理の仕事が結構多く、都会では考えられない作業が年中繰り返されます。 寒いからと言って、のんびりと家の中に引き籠ることは出来ませんね。 冬場の作業を早め早めにして置かないと近所迷惑にもなりますしね。
 でも、寒い時はやっぱり家の中、そして薪ストーブの前で音楽を聴きながら本を読む時間が多くなります。

 
f0201562_1836756.jpg


 私が読書にも飽き、リクライニングを倒して昼寝の準備を始めると、リビングの主(ミーコ)は膝の上に上ってきます。  ミーコは本当に寒がりで、外に出るのは用を足すときのみで一日中リビングのソファで寝ています。  しかし、私が外に出て行きますと、外で遊び廻り、車や人が通ると、家の中に直行です。  運動もいつも走るルート以外は絶対走りません。  そのルートも順序があるようで、逆回りはしないようです。

 
f0201562_18445346.jpg


 両方の写真は私の膝に上っているのですが、一番安心している時は、薪ストーブの前に顔を向け、右向きに寝そべるようで、私が動かない限り何時までも膝の上で眠っています。 でも通り沿いに車や人が通るとピクッと目を覚まし、ジーッと通り過ぎるのを見ています。
 
by goshinan | 2010-01-24 19:16 | 季節の移ろい