<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 27日

09.10.穴窯焼成作品のご紹介

 
 もうすぐ師走です。 でも『語心庵』では、時の流れがゆっくりと過ぎ去っていきます。 穴窯焼成から約一ヵ月経ちましたが、今だ気持の張りが戻りません・・・年ですね。
 休息の合間に風呂桶の底を自ら張り変えました。 でも、水漏れがします。 どうしょうかな?と、考えながら薪ストーブの前の椅子でひと眠りします。 木の風呂は、メンテナンスが大変です。 しかし、木のぬくもりは捨てがたいものがあります。 なんとかしなくては・・・と考えています。
 今、聞こえるのは、薪のはぜる音と川の流れとFM放送からの音楽だけです。 静かです。 犬のミーコは、一日中指定席であるソファで眠っています。 静かで、変化のないこの環境を、すごく気に入っています。
 さて、今回の穴窯焼成の作品を少しずつご紹介します。 

 
f0201562_10443914.jpg


 これは、約30㎝程度の大壺です。窯前部の側面に置きました。灰が溶けて流れ出しています。 一応の景色になっていますが、灰かぶりは今一歩の出来です。 
 これには理由があり、窯詰め時に側面は地下置きせずに10㎝位棚上げして下部に別の作品を置きました。
 地下置きすればこんなに釉が流れずに途中で熾きにに埋もれて流れが止まり、もっと良い景色になっていたでしょう。 窯詰め時に欲張ったが為の天罰が下りてしまいました。 
 全く持って難しいですね。 穴窯の焼成は・・・。

 
f0201562_10583595.jpg


 これは、13cm位の一輪差しです。 鎬(しのぎ)という技法により側面を削ぎ落として仕上げます。 窯前部の正面奥に置きました。 灰が適度にかぶり、窯変も出ています。 窯詰め痔の場所が良かったのでしょうねえ。 良い作品に仕上がりました。 窯変を生かした「花活け」として場所を選ばずに使うことができます。
 
 来年3月には今回の焼き直しの為の一番小さい窯を焼く予定です。 コストをかけない窯焚きにもチャレンジしていこうと考えています。
[PR]
by goshinan | 2009-11-27 11:19 | 穴窯(薪窯)の焼成

2009年 11月 10日

唯一の和室を模様替え

 今まで母が利用していた語心庵唯一の和室を模様替えしました。
 今回の穴窯焼成から、定期的に宿泊して作陶される方々がいらっしゃいますので、今まで開放していない唯一の和室を御利用いただきましたら、大変気に入られたらしく、今回模様替えをして見ました。  
 一つは、度々映らなくなる古いテレビを処分して、ミニコンポを設置したこと。 
 こんな田舎まで来て、わざわざテレビを見ることも無いかな?と、思い、FM放送とCDが聞ければ良いかと考えました。 レシーバーアンプはオンキョウ,スピーカーは以前使っていたケンウッドです。 まあまあいい音を奏でてくれています。
 語心庵は日本古来の建築様式で山荘風に建てられており、大部分国産の材木を使っています。 そして、内外壁は全て板作りでです。 当然ながら、この和室も小さな床の間があり掛け軸と花入れ飾ってありますが、しかし壁は全面杉板でおおわれており、その結果、音響効果が非常に良くなっているようです。

 
f0201562_8303985.jpg

 
 タンスは、漆塗りの東北地方の時代タンス。 その上にミニコンポを置きました。
 壁には、杉板で枠を拵えて(語心庵を建てて戴いた材木業を営む山本林業さんの手作り)、枠内には抹茶茶碗,その上には徳利を置いて見ました。 まあ良いかな?と、一人悦に入っています。(これが二つ目)

 
f0201562_8401114.jpg


 木枠を支える金属製のL字が今一歩であり、要改善工夫です。 山本林業さんと相談して見ましょう。
 掲載のお茶碗と徳利は、今回の穴窯で焼成したのですが、焼成終了後に作品に煤が巻くのを避ける為に、煙突のダンパーを開放した為に、窯内が急冷しており、釉面にテカリが出てしまいました。
 穴窯焼成は大変難しく、毎回、一喜一憂の繰り返しです。 何分素人の窯焚きですからね。
 今月21日に伊丹からお二人が一泊されます。 模様替えが気に入って戴ければ良いのですが・・・。
[PR]
by goshinan | 2009-11-10 09:17 | 田舎暮らし

2009年 11月 03日

今日はとっても寒い! 薪ストーブ入れました!

 今日は本当に寒いですねえ。 朝6:00に起床して、犬を外に出してやり、余りにも寒いので、先日大掃除した薪ストーブを入れました。 活きよいよく燃え始めました。 1時間ほどすると、室内がほんわか温まり始めました。 薪が勿体ないので、空気穴を閉じて燃やしています。 炎の揺らめきが疲れた心を癒してくれます。
 11月1日に穴窯の窯出しを行いました。 午前中は本当に良い天気でしたが、午後になると急変し、雨が降り出し、天気予報はやっぱり当たってしまいました。 予めテントを張って置きましたが、雨の中の窯出しは大変でした。 岡崎さん,藤本さん,大阪の新井さん,船見さん大変お疲れ様でした。
 伊丹から御越しの2名の女性も窯出しのお手伝いを戴き、無事終了しましたが、これから、また一仕事待っています。 全ての作品のお色直しをしなければなりません。 ダイヤモンドカッターと電動砥石を耐水サンドペーパーが大活躍します。 作品の掲載は今しばらくお待ちください。

 
f0201562_11571042.jpg

 
 薪ストーブは、活き良い良く燃やすと、熱が大部分煙突から出て行きますので、炎が消えないようにボソボソ燃やすことがコツです。 燃料の薪も勿体無いですからねえ。 現在、室内の温度計は20℃位ですが、室内での体感温度は25℃位でしょう。 充分暖かく、快適な環境ですよ。

 
f0201562_12409.jpg


 犬のミーコも、お気に入りのソファベッドで寝てばかりです。 まるで猫のような犬です。 外に出しても排泄のみで、すぐに帰って来て、定位置に居座り続けます。 私の昼寝用に設置したソファベッドですが、占領され続けています。 たまに私が横になると、スペースを空けてくれますが・・・・。
[PR]
by goshinan | 2009-11-03 12:18 | 季節の移ろい